道中合羽

 道中合羽
(江戸時代)

丸合羽と呼ばれる、間に揉紙を入れて木綿地をあわせ仕立てとした
防寒防雨の道中着
 リバーシブルです

 ボタンのようなものは「象牙」です
しゃれてます


状態とても良く
きれいです