きんつぎ

工房あめつちさんの貫入盃

 ばらばらに割れてしまっていましたが
漆(うるし)で接着して修復し
仕上げに金粉を蒔きました
(接着剤等は使っておりません)
またお使いいただけます


『金継ぎ』←これなんて読むの?とよく尋ねられます
『きんつぎ』といいます
『継ぐ』はつなぎ合わせるという意味です
金で仕上げる以外に、銀で仕上げる銀継ぎ(ぎんつぎ)や、
漆継ぎ(うるしつぎ)などもありますが、まとめて
金継ぎと呼ぶことが多いようです