猫を洗う

ひたすら本を読み、猫を洗う日々。
時々仕入れに行く。
「いい」「好き」と思ったものだけを買いなさい、
数はいらないから。数に走っちゃだめだよ、と
ほんとうに好きなものだけをぽつんぽつんと並べて売っている、
(ほとんど美術品のよう、美しかったし、おもしろいの。)
とても粋で不思議な方にそんな言葉をいただいた。
そして、あたしが選んだもの、他の店で購入した、を褒めてもいただいた。
いらなくなったら僕のところに売りにきて。
うれしい言葉だと思った。すこし自信になった。
選ぶことも『表現』であるなら
まだまだこれからなのだけど、今までのは(きっと)真似だったから、
だけどこれからは、自分の「いい」や「好き」に
正直に向き合って、信じて、
押し通していく、くらいの気持ちでいけるように。
修行僧のようです。
この世界は難しい、けどおもしろい。
苦しいけど、楽しい。
どこへ行くのかわからない。


マイルストーン、墓地、フルートの死、
オートロック、A to Z、時間、恩恵、マッチ箱、など。