金継ぎ

変わったデザインのポットです。

割れたフタを、持ち主の方が接着剤でくっつけて直されていましたので、
それを剥離してからのスタートとなりました。

 幸い?使われていたのがアロンアルファだったので簡単に剥離できましたが、
エポキシ系の接着剤(ガラス、陶器用と表記しているもの)だと
剥離は難しくなりますので、使用される場合はくれぐれもご注意ください。
ご自身で直される場合は慎重に…。

 漆で接着して、金粉を蒔いて仕上げました。

漆での修理について書きました。


接着剤でフタが閉まらなくなっていましたが、ぴったり閉まるようになりました。
またお使いいただけます。
欠けていた口もお直ししました。
純金消し粉を使用。


お気軽にお問い合わせください。
info●tayutafu.com(●を@にして送ってください)

(金継ぎブログ)