途中経過報告

今年の春ごろに、関西のお客様からご縁があってお預かりしたお皿です。
この大きなお皿ともう一枚、丸いお皿を送っていただきました。
チェコで買ったお皿だそうです。赤のドットがかわいいっす。
割れた時にご自身で、陶器用(エポキシ系)のボンドでくっつけてしまわれたそうで、お皿の表面にボンドがはみ出して固まっている状態でした。あらら。
というわけでまずはボンドを剥る作業から始めまして、ようやく漆で埋めるところまできましたよ。ふぅ〜。ボンドはなかなか手強いです。
エポキシ系のボンドは2液を混ぜて使うものが多いと思うのですが、
それひとつひとつは有害なものなのです。
できれば、食器として使うのは避けていただいたほうがよいのではないかと
思ってます。
割れてしまったら慌てずに、破片を集めてとっておいてくださいね。
(あたしはすぐに焦りますけど、落ち着こう、大丈夫だ)
漆は安全ですから、直すのであれば、時間はかかりますが、ぜったいおすすめです。
ご相談ください。
お皿はこの後、もう少し漆で整えてから、銀をまくか、金だと派手かな?などを考え中であります。
今は漆の乾きが早いので、今のうちに、がんばります、がんばろう。

あと、かなり前ですが、取っ手がバラバラになってしまったオーブン皿も仕上がって、お返ししました! わー、遅くなってすません!